携帯代が払えない・・・

携帯代が払えなくて焦っていますか?

 

僕もそうなったことあります・・・(O_O;)

 

僕はアコムでお金を借りて無事に支払いすることができました。

 

携帯代,払えない

 

お金を借りた原因は、いろんな出費が重なったのと、スマホのゲームアプリにハマっていたのが原因ですね。

 

まあ、使いすぎなので反省しないといけないですが・・・

 

パズドラ、モンスト、ドラクエなどけっこう課金しましたねー

 

ヒマだとついスマホをいじってしまうので・・・しかも負けず嫌いの僕。

 

とにかくクリアしないと気がすまないんですね。

 

だからちょっと携帯代がいつもより多くなってしまいました。

 

生活費とあわせて3万円くらい足りなかったので、3万円お金を借りました。

 

アコムはスマホから簡単な内容を入力するだけで、借りれましたよ^^

 

便利ですねー。

 

あとから知ったんですが、借入期間が短い場合は、休日に銀行のATMで下ろす手数料より金利が安いので、利息も損ではないのだなと思いました。

 

ただし、ゲームのし過ぎには注意してくださいね!

 

僕も課金はほどほどにしようと思っています(*^^*)

 

アコムは簡単でした。
→アコムの詳細を見る

 

契約の限度額(範囲)内で、何度でも借りれるから便利です。

 

おすすめカードローンランキング

即日融資OKのカードローンはこちら

 

アルバイト・学生でも借りれるカードローンはこちら

 

主婦・専業主婦でも借りれるカードローンこちら

 

低金利の銀行カードローンはこちら

 

 

 

携帯代を滞納するとどうなる?

スマホは今や生活必需品。
持っていない人を探すほうが難しいといえそうな、携帯電話やスマホです。

 

でも、もしも、その料金を滞納してしまったら。
いったいどうなるでしょうか。

 

一時的に端末が使用停止になるということは、たまに見られることなのかもしれません。
その人に電話をすると、「お客様の都合によりおつなぎできません」とガイダンスが流れます。

 

これは、督促状が来たけれど払えなかった結果。
料金の支払い期限を過ぎると、督促状が届きます。

 

この時点で支払えれば問題なく端末が使えますが、ここで払わないと利用停止になります。
通話はもちろん、メールやネットもできなくなってしまいます。

 

利用停止になってからでも、料金を払えばすぐに使えるようになります。
ここでも更に払えなかった場合、今度は、強制解約となります。

 

解約されたから、料金は払わなくてよい。
というわけにはいきません。

 

債権回収の専門会社から督促が来たり、電話会社が法的な措置をとることもあります。
最終的にすべての料金を払ったとしても、信用に傷がついた状態では、ほかの電話会社と改めて契約を結ぶことが難しくなります。

 

また、端末のお金をカード会社から引き落としにしていた場合、カード会社への信用にも傷がつくことになります。
電話会社によって支払い期限などに違いはありますが、料金を払えなかったときの流れはほとんど変わらないようです。

 

滞納するほどに恐ろしいことになっていきますね。
たかが携帯料金、されど携帯料金です。

 

よほどのことがない限り、法的な措置がとられることはありませんが、可能な限り、早めに支払いを済ませておきたいですね。

 

携帯料金を見直してみよう

携帯やスマホの料金が高くて払えずに、利用を止められてしまった。
ほかの支払いもあってどうしても払えない。

 

そんなことになっては、生活必需品の携帯やスマホが家計を圧迫してしまう人もいます。
少々高くても一度払えば済むのならよいのですが、毎月のこととなるとたいへんですよね。

 

未払いを防ぐためにも、料金の見直しをしてみてはいかがでしょうか。
料金見直しのヒントは、請求書にあります。

 

通話料、パケット通信料、オプションの三つをよく見てみましょう。
かけ放題や家族割引、通話した分だけ料金が加算されるプランと、その内容はさまざまです。

 

自分が普段、だれとどのくらい通話しているのかを考え、プランが自分に合うように設定しなおしましょう。

 

分かりにくいのが、パケット通信料。
使いすぎで通信速度が落ちない限り、見直しをすることはないのではないでしょうか。

 

通信料が余っているということがないか、チェックしましょう。
契約や機種変更のときに、オプションに入ると割引になるということがよくあります。

 

このオプション、一つ一つの額は数百円ですが、それをいくつも契約していると金額はかさみます。
しかも、自分に必要ないものを契約したままになっているということが多いもの。

 

必要ないオプションは、すぐに解約しましょう。
これらの変更はネットやショップでもできますが、電話で問い合わせるのがおすすめです。

 

自分の利用状況やそれに合ったプラン、料金に関する疑問などについて、スタッフと話すことができます。
よく分からないままネットで変更したり、ショップに足を運んで長時間待つよりも、確実で手間要らずではないかと思います。

 

通信料とアプリ 携帯代節約のコツ

今月はちょっと電話しすぎたかな、というのは分かりやすいですが、今月はちょっと通信量が、というのは分かりにくい話ですよね。
ここが、携帯料金が膨れ上がるポイントではないかと思います。

 

実際、アプリのダウンロードやゲームのアイテム購入などで、途方もない金額を請求される、パケ死というものがあります。
こうなっては、もう料金を払えません。

 

いったいどうすれば、こんな状況にならずに済むのでしょうか。
まずは、IP電話アプリを利用しましょう。

 

相手も同じアプリを入れている場合、LINEやSKYPEなどを使えば、無料で通話やメッセージのやり取りができます。

 

WI-FIを上手に活用しましょう。
自宅のWI-FIルーターや、コンビニなどにあるWI-FIスポットを利用します。これなら、通信料がかかりません。

 

動画の視聴やゲームアプリのダウンロードなど、通信量が多くかかってしまうものがあります。
そんなときにWI-FIを使えば、通信料を抑えることができるわけです。

 

便利な高速通信で、通信料は定額というプランが多いですが、これには上限があります。
その月の中で一定の通信量まで達すると、通信速度が遅くなります。

 

追加料金を払えば通信速度は元に戻りますが、ここで使いすぎを反省するとよいですね。
あとは、ゲームなどで課金していかないことが重要です。

 

つい夢中になるあまり、アイテムをたくさん購入したくなります。
でもこれが、とんでもない額の請求とつながっていることを忘れてはいけません。

 

ゲームをする時間を決める、アプリのダウンロードの数を決めるなど、自分で制限していくことが大事ではないでしょうか。
払えないほどの請求に困らないよう、今自分はどのくらい通信量を使ったのかを、ときどき振り返ってみるとよさそうですね。

 

 

携帯代が払えないときTOPへ